株取引で生き残る為に考えること

株取引で生き残るために考えることは、致命的な損失を出さないということです。
例えば全財産を投げ打って一つの銘柄に投資をしてその企業が倒産をしてしまうと、その瞬間に自分自身も破産をしてしまうことになります。
どれだけ魅力的な企業であり株価が何倍にも伸びることが予想されていても、このようなやり方というのは非常にリスクの高いもので一度の失敗で相場の世界から退かなければならなくなってしまいます。

株をするのであれば大きく儲けたいと思うものですし、大きく儲けるには大きな資金を投じるのが一番効率的な方法です。
しかし、そのような方法は失敗が許されず最初の段階で失敗をしてしまうと、いきなり致命傷を負ってしまうことになるのです。
生き残るためにはリスク管理を徹底して、最悪の事態が起こってしまったとしても挽回がきくようにしておくことが大切です。
資金管理はまずもっとも重要なことになり、必ず余裕のある範囲で投資を行うことにして最悪の事態が起こってもそれが致命傷とならない金額にとどめておきましょう。
次に大きな利益を狙わないというのも生き残るためには大事なことであり、大きな利益を狙おうとすると必ず無理が出てくるので逆に大きな損失を出してしまう恐れがあります。
無理な取引をしていれば損失の恐怖に耐えることができずに、細かなマイナスを積み重ねてしまうかあるいは致命傷となる大きな損失を出してしまうかのどちらかになりがちですから、身の丈にあった金額で取引をすることが大切です。

株取引で生き残ることができれば、自然と利益が積み重なりそれを再投資に回すことができるので、無理をせずに大きな利益を手にすることができるようになるため、致命傷をおわないようにリスクを抑えた取引をしていくのが生き残るにも利益を出すにもポイントとなる部分です。