株の世界が厳しい理由

株式投資すればいくらかの利益が出ると宣伝するものがありますが、実際はそうではありません。株の世界は特に知識のない人に厳しいです。利益を出すルールは単純で、株価が安い時に購入して値上がりしたらできるだけ高く売ることで、購入時と売却時の差額分が利益になります。ただし値上がりしそうな企業を見つけることすらほとんどの人はできていません。日本に存在する企業の数やビジネス展開などを詳しく知っているのはほんの一部です。一つの業種をとってみても膨大な数の企業があり、運営状況を知ることは簡単ではありません。有名な企業が優良な企業という誤った考え方で失敗するケースも多いです。社名を聞いたことがあり、何かのランキングで見かけた程度の企業を値上がりする気がすると、ほぼギャンブルに近いような投資を行う人がいます。有名企業が必ずしも優良企業でないことは過去に明らかになっています。例えば旧JALは有名で一流というイメージが強かったですが、上場廃止となって株はただの紙切れとなりました。投資をした人は資産を失って、株の世界から引退することになります。また後先考えずに株を保有すれば、売るタイミングを逃してしまいます。プロの投資家は下落した時だけでなく上昇した時も、ある一定のラインを超えたら売ることを決めています。人間は欲深いので、株価が急上昇するとまだ上がるのではないかと売るのをためらってしまいがちです。しかし売買のタイミングは長くは続きません。値上がりを眺めているうちに値動きが落ち着いて、売りに出した頃には遅いことが多いです。値動きの上限や下限を決めるからこそチャートが役立つのであって、高くなったら売ろうという考えではいつまでも売れません。

■株の世界では仕手株を把握しておくことが大事です
仕手株の銘柄について